おもいやり

03 /20 2011
重い槍を持てる力を持つ人は、
きっと自分の正義の通りに槍を振ることでしょう。
ただ周りを見る目を持っていなければ、その槍で傷つく人もいるのです。

正しいことはいつもひとつとは限りません。
人によって受け止め方は違うのです。
槍の先を向けたその陰に、誰かがうずくまっているかもしれません。

力がないと嘆く人は、
せめて苦しんでいる人を見つめてみることです。
重い槍を持つ力がないからと
自分を責める必要はありません。
力がなければみんなで持てばいいのです。
そしてしっかり見つめた場所に向かって重い槍を突いてみましょう。
それが未来を切り開く力となることもあるはずです。

彦根城門


blogram投票ボタン


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ryoukouno

紘野涼です。
「スワローズ観察日記R」の管理人
仕事はフリーランスでライターやプランナーなどその他もろもろという感じです。
こちらではメインブログ、仕事では書けないようなもの、これまで書き散らかしたものをまとめていこうを思っています。
当サイトに掲載されている文章は、紘野涼に著作権があります。
無断転用、掲載はご遠慮ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。