力の使い方

エッセイ
11 /11 2011
手を差し出し、
そっと握れば、
相手はきっと温かさを感じてくれるだろう。

強く握れば
相手に意思を伝えることができるだろう。

ただし臆病者は加減がわからず、
相手を威圧する力を込める。
傷みとともに恐怖感を与える。

しかし覚えていなければならない。
力はいずれ衰えることを。
そのとき強く握ったはずが、
相手の力が上回り、
臆病者は媚を売るだろう。
相手に憎しみを与えたことを知らずに。

慕われない権力と嫌な人との握手はどちらも嫌悪感を生むという意味では似ている。


blogram投票ボタン


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ryoukouno

紘野涼です。
「スワローズ観察日記R」の管理人
仕事はフリーランスでライターやプランナーなどその他もろもろという感じです。
こちらではメインブログ、仕事では書けないようなもの、これまで書き散らかしたものをまとめていこうを思っています。
当サイトに掲載されている文章は、紘野涼に著作権があります。
無断転用、掲載はご遠慮ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。