FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れ

エッセイ
10 /02 2010
「バカだなあ・・・お前は」
少年に向かって、その男は言った。

少年が男に出会ったのは、アルバイト先の小さなレストランだった。
男は少年より15歳ぐらい上で、定職につかずバイト生活をしていた。

しかし、少年はその男が好きだった。
少年が今まで見て来た大人のようなずるさを持たず、素直に生きているように見えたからだ。
地位や立場にはなびかなかったが、目下の者のためには平気で頭を下げる人だった。
周りの人たちはそんな男を見て、あんな生き方をしていては社会からはみ出るばかりだといった。
少年の目には、周りで悪口を言っている人たちより、男の方が仕事が出来るように見えた。
そのことを少年が口にすると、男はただ笑顔でいるだけだった。

「世の中っていうのは、肩書きがあったほうが便利だ。ないよりあった方がいい。そういう支えがあれば、楽に立っていられる。でもその支えは、誰か知らない人が作ったもののように感じるんだ。やっぱり、支えは自分で作ったものじゃないと、安心できないよな」

店が暇な時、男がふと漏らした一言だ。
少年は男の様な大人になりたいと言った。
それを聞いた男は、
「バカだなあ・・・お前はオレとは違う人間なんだ。どんなに望んでも、オレはお前にはなれないし、お前はオレにはなれない。だから・・・」
そう言い、少年を見た。
「どうせ憧れるなら、自分に憧れた方がいい。こうなっていたいという自分を心に描いて、その自分に憧れろ。そのほうがいい」
男はそれからしばらくして、店を去った。

少年はやがて青年になり、平凡な肩書きを手に入れ社会の中にいる。
仕事に疲れた電車の中や、下げたくもない頭を下げた後に、ふと男のことを思い出す。
自分は、「こうなっていたいと憧れた自分になれているのだろうか?」と。
きっとなれてはいないだろう。
でもそんな弱音を男が聞いたら、きっと言うだろう。
「お前は諦めるほど、生きてはいないだろう。オレだってまだ諦め方がわからないのに」
諦め方を知った大人より、いつまでもわからない不器用な男の方が魅力的に思える。

少年の頃に持った憧れは、まだ心に残っている。


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


お気に召した方はクリックをしていただけると、喜びます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ryoukouno

紘野涼です。
「スワローズ観察日記R」の管理人
仕事はフリーランスでライターやプランナーなどその他もろもろという感じです。
こちらではメインブログ、仕事では書けないようなもの、これまで書き散らかしたものをまとめていこうを思っています。
当サイトに掲載されている文章は、紘野涼に著作権があります。
無断転用、掲載はご遠慮ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。