スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実は夢の如く

エッセイ
07 /10 2011
今、自分の周りにいる人たちは、すべて夢の中の登場人物なのかもしれないと思ったことがある。
親も友人もすべてが、頭の中で演出され、いろいろな出来事を起こしている。

本来の夢がそうであるように、自分の想像の中の出来事であるのに、どうすることもできない。
それがたとえ悪夢であっても逃げられないし、楽しいことであっても目覚ましに止められてしまう。

夢の終わりを自分でどうにもできないように、現実も思うようになることは少ない。

他人の気持ちの変化は止められない。
不幸も喜びも突然やってくる。
ただそれを受け止めるしかない。
現実という名の夢の終わりが来るまでは。


blogram投票ボタン


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ryoukouno

紘野涼です。
「スワローズ観察日記R」の管理人
仕事はフリーランスでライターやプランナーなどその他もろもろという感じです。
こちらではメインブログ、仕事では書けないようなもの、これまで書き散らかしたものをまとめていこうを思っています。
当サイトに掲載されている文章は、紘野涼に著作権があります。
無断転用、掲載はご遠慮ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。