スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前の壁を嘆く前に

やきゅうのうた
01 /08 2013
順調に歩いていたはずが、
目の前に障害が表れ、
それがまるで壁のように立ちはだかったとき、
自分の力のなさに失望し、
これまでの歩みを後悔することがあるかもしれない。
だからといって壁を恨めしく眺めていてもなにも変わりはしない。

それに壁はなにも道を塞ぐためにだけあるものではない。
座り込み右手を伸ばしたときに壁があれば、
きっとそれは支えになってくれるだろう。
転んで突いた左手の痛みを壁が冷やしてくれることもあるだろう。
もう歩けないと、倒れそうなとき壁が後ろを支えてくれるかもしれない。


目の前の壁の前に座り込んでもなにも変わりはしない。
少し視線を変えてみれば、
ほんの少し体の向きを変えてみれば、
壁は支えになってくれる。
その癒しが壁を乗り越える力に与えてくれるかもしれない。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ryoukouno

紘野涼です。
「スワローズ観察日記R」の管理人
仕事はフリーランスでライターやプランナーなどその他もろもろという感じです。
こちらではメインブログ、仕事では書けないようなもの、これまで書き散らかしたものをまとめていこうを思っています。
当サイトに掲載されている文章は、紘野涼に著作権があります。
無断転用、掲載はご遠慮ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。