賭けると託すが生み出すもの

やきゅうのうた
05 /19 2017
グラウンドには夢があるという。
そこに立つ者たちは、生活のすべてをプレーに向けている。
選ばれた人間だけが挑戦権を得られる賭ける夢だ。
しかし夢は外にもある。
スタンドでテレビの前で、仕事をしながらラジオやインターネットで試合に触れる人たちが見るのは託す夢だ。

劇的な試合は一年にそう何度もあるものではない。
立ち会えることは稀であることも多い。
しかしそれでもいつかはと、筋書きのない勝負事の場に人は目を向ける。

そこには、素晴らしい才能を持ち、わくわくさせてくれるヒーローがいる。
故障を乗り越え、背景を持った選手となって戻ってきた苦労人がいる。
わずかな出番をつかむために準備を怠らない職人がいる。
怖さ知らずの若手がいる。
すべての選手がグラウンドに夢を賭け、ファンは夢を託す。

嫌なことがあっても、一球一打に一喜一憂している間は忘れられる。
見ず知らずの人と手を合わして喜んでいることもある。
そこに立場や性別はない。
勝利は賭ける者と託す者をつなぐ喜びとなる。

負け試合も悪くない。
こうすれば、こうなれば。
ため息の数と嘆きの声は、それだけ試合にのめり込んでいる証だ。
Ifは、賭ける者と託す者共通の後悔となる。

数時間の試合の中に凝縮された選手たちの一喜一憂が、ファンには日頃の嫌なことを忘れさせ、喜びを大きなものにする。

グラウンドには夢がある。
賭ける夢と託す夢。
賭ける者と託す者。
感動は、その両方が生み出すもの。
そこに参加する喜びが、今日も勝負の世界に目を向けさせる。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ryoukouno

紘野涼です。
「スワローズ観察日記R」の管理人
仕事はフリーランスでライターやプランナーなどその他もろもろという感じです。
こちらではメインブログ、仕事では書けないようなもの、これまで書き散らかしたものをまとめていこうを思っています。
当サイトに掲載されている文章は、紘野涼に著作権があります。
無断転用、掲載はご遠慮ください。